くまもとTASUKIプロジェクト【熊本】公式サイト

キクイモとは

注目の食材「キクイモ」とは

21世紀の健康食材、菊芋

メタボ・糖・アレルギーでお悩みなら「キクイモ」がオススメ!
キクイモは、秋に菊のような花を咲かせる、キク科ひまわり属の植物です。でんぷん(糖質)が少なく植物繊維がたっぷり!名前は菊に似ていて、根のイモが食べられることから由来してます。
見た目は生姜に似ていて、シャキシャキッとした歯ごたえがあり、ほのかな甘みはゴボウやレンコンの味に似ています。
「天然のインスリン」と呼ばれるイヌリンという成分が多く含まれており、食後の血糖値の上昇を抑制する作用が科学的に実証されているスグレもの!用途いろいろ『糖分』の量をコントロールするバランス食材です。

阿蘇地熱を利用した小国キクイモ

熊本県阿蘇郡小国町特産の「小国キクイモ」は、農薬を一切使用せずに栽培されています。収穫後はすぐに洗浄され、機械だけでは取れない土や不良部分は、更に手作業で丁寧に落とされます。その後薄くカット・スライスされた菊芋は、熊本阿蘇、岳の湯温泉の地熱でじっくりと低温乾燥されます。これが小国キクイモの特徴です。

阿蘇郡小国町は各所で温泉の蒸気が噴き出しています。

© くまもとTASUKIプロジェクト